ジャズを始めよう!

ジャズを始めよう!③

Adding Notes to Three-Note Voicing

Ⅱ-Ⅴ-Ⅰのボイシングにノートを足す(ボイシング)

前回に説明したⅡ-Ⅴ-Ⅰは必要最小限の2ボイシングで、ピアニストがソロを取る場合の左手のコンピング(伴奏)としてよく使われます。
ボーカルや他のソロイストのバッキングの時には他のノート(テンションや5th)が足されることが普通です。
ジャズ・ピアニストがどのようにボイシングするのか説明します。


大きく分けてこの3つになります。

• IIm7コードには5th。
• V7 コードには9thまたはフラット9th 。
• I コードには5thまたは9th。



Adding Notes to Three-Note Voicings


1小節目のD-7には5th のノートであるAが足されています。次のG7では、そのAのノートがG7の9thになります。
思い出して下さい。「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ のコード進行をした時、7thのノートが進行に従って半音ずつ下がって次のコードの3rdになる」つまりD-7の7thのノートCをBに半音下げるだけできれいな流れ(ボイスリーディング)のコードプログレッションが出来ます。

次のCは、5thとメジャー7th、9thが足されています。(メジャー7thは6thでも構いません)

次の小節はⅡ-Ⅴ-ⅠのⅡm7のコードの7thを下にした例です。3小節目はⅡm7のコードの5thを下にした例です。
ここでもⅡ-Ⅴ-Ⅰ のコード進行をした時7thのノートが進行に従って半音ずつ下がるのが分かります。

これはジャズのコード進行では「鉄板」です。


Ⅱ-Ⅴ-Ⅰのコードにテンションボイスを加える。

下の段には Ⅱ-Ⅴ-ⅠのⅤ にb9thのテンションが足されています。この辺からは中級のレベルに入りますので興味のある方は下の「続きを読む」のリンクへどうぞ。