Jazz Intermediate

ドミナント7thのテンション
 
リードシート(Cメロ譜)のコードの後ろに(alt)と書かれていることがあります

alterd

 ジャズのプレイヤーが使っている楽譜にはドミナント7thコードに(alt)書かれていることがあります。ドミナント7thのテンションがナチュラルなのかオルタードなのかはとても重要なので書き記しておく訳です。何故ならオルタード(変化した)テンションはスケールから外れるからです(逆に言うとオルタードスケールにハマります)。

簡単に説明します。

ドミナント7thは大雑把に分けると2種類になります。

 9th、13th はナチュラルテンションです。
9th、#9th、#11th、♭13th はオルタードテンションです。

ルートと3rd、7thを除くすべてをオルタード(変化)させたスケールです。コードとしての特徴はb9と#9が同居していることです。これによって大変特徴的な響きになりドミナント7thに大きなアクセントを生む事が出来ます。オルタードテンションはその全てを表記すると非常に読み辛いものになってしまいます。そこで(alt)と簡易な表示にして読みやすくします。ボイシングをする際オルタードテンションを全て弾く必要はありません。

これに近いものに♭9thドミナント7thがありますが、このコードにはやb13thを使う事は出来ません。♭9thドミナント7thコードにはコンディミスケールを使うことが多いです。

まとめ
ナチュラルテンションのスケールはメジャー スケールの5thモード(
Mixolydian Scale)です。
オルタード スケールはメロディック マイナー スケールの7th(
Altered scale)モードです。
♭9thはドミナント7thはコンディミスケールが主に使われます。

V7thコードには他にも使えるスケールがあります。
Ⅴ7thコードで使えるスケールをご覧下さい。

ジャズ中級編の記事

スケールは4つしかない!
ALTコードって何?
Ⅱm7ーⅤ7のバリエーション
ドミナント7thで使えるスケール(モード)
BLUESのコードとインプロビゼイション

トップページに戻る。