Jazz Intermediate

Stacks Image 27494
スケールは4つだけ!

ジャズを学習されている方の頭を悩ます問題の一つがスケールです。
「たくさんありすぎて覚えきれない」と感じられている方は多いと思います。

実は複雑だと思われがちなジャズのスケールですが、基本的には4つと解釈出来ます。

1)メジャー・スケール
2)メロディック・マイナー・スケール
3)ディミニッシュ・スケール
4)ホールトーン・スケール

の4つです。
(ブルーノート・スケールとビバップ・スケールは特殊なのでここでは除きます)

え?そんなバカな!
と思われた方も多いと思います。よく勉強された方ほどそうかも知れません。
スケールとモードの関係を理解しましょう。

ここで、スケールとモードの関係を整理します。

Cのメジャー・スケールをご覧下さい。

TheC MajorScale and Its Modes


一番の上のスケールがCメジャー スケールです。
Cイオニアン スケール(モード)と呼ばれます。その下のDドリアン以下のスケール(モード)はCメジャー スケールのスタート位置が違うだけで、すべてCメジャー スケールから派生したモードです。
それに何の意味があるの?って思うかも知れませんが、スタート位置を変えた為に出来た旋法が独特のフレーズを作り出すのを弾いて確かめてください。

特に「Dorian」はモードジャズには欠かせませんし「Phrygian」はスパニッシュな雰囲気。「Locrian」(Locrion#2)も独特でディミニッシュドコードに合います。

ですがメロディック マイナー スケールほどジャズっぽい雰囲気が出ません。
ディープなジャズインプロビゼーションはメロディック マイナー スケールから生まれます。何故コードではなくスケールなのか?の謎もここにあります。

詳しくは次回!

ジャズ中級編の記事

スケールは4つしかない!
ALTコードって何?
Ⅱm7ーⅤ7のバリエーション
ドミナント7thで使えるスケール(モード)
BLUESのコードとインプロビゼイション

ジャズピアノ楽譜と練習用ファイルを見に行く