Jazz Intermediate

Ⅱm7ーⅤ7のバリエーション
 
 Ⅱm7ーⅤ7はジャズの基本ともいえる進行です。ドミナント7thコードを分割してこの動きを作ります。ここでのバリエーションを豊富に持っていると演奏やアレンジに幅が出てきます。まずは使えるテンションを見ていきましょう。メジャーコードとマイナーコードでいくらか違いがありますが絶対的に分けられている訳ではありません。マイナー系のテンションからメジャーに解決させて意外性を出すことも考えられます。またメロディラインによっても導きだされます。あくまでも基本だと考えて下さい。

ここでは(Dm7ーG7)を例にとります
基本的にテンションノートは9th、11th、13th、の三種類になります。これらのノートが、ナチュラル、#、♭のいずれになるかでコードの性格が変わります。

メジャーコードに解決される場合。
(Dm7)には9th、11thが問題なく使えます。特に11thはSus4と同じ音程なので浮遊間が出ます。「So What」コードはこの一種です。
so_what_scale

(G7)には大雑把に分けると次の2種類が使えます。
9th、13th (ナチュラルテンション)11thも使えますがsus4のニュアンスが強くなります。
♭9th、#9th、#11th、♭13th (オルタードテンション)

マイナーコードに解決される場合。
(Dm7)は(Dm7♭5)になる方が多いです。9th、11thが問題なく使えます。その場合のスケールはメロディックマイナーの6thモードです。
2-5-1Moinor

(G7)には♭9th、#9th、#11th、♭13th (オルタードテンション)が使われることが多いですが(ナチュラルテンション)9th、#11th、13thも使えます
2-5-1

#11thもよく使われます。

2-5-1 #11


次は(Ⅱm7ーⅤ7)の細分化や代理コードなどを説明します。

続きます。


ジャズ中級編の記事

スケールは4つしかない!
ALTコードって何?
Ⅱm7ーⅤ7のバリエーション
ドミナント7thで使えるスケール(モード)
BLUESのコードとインプロビゼイション

ジャズピアノ楽譜と練習用ファイルを見に行く