ピアノ初心者講座①

まずピアノを選びましょう


まったくピアノに触った事もないという方はまずピアノを選ぶところから始めましょう。
初級の方は電子ピアノを選ばれるといいと思います。場所もとりませんし夜間でも練習出来ます。
安いモノなら3〜4万円くらいからあります。

電子ピアノの値段の違いは鍵盤の構造や内蔵しているスピーカーなどの品質によるところが大きいです。
最初はそれ程値段の高いものを買う必要はなく、ピアノの音へのこだわりが出て来た頃に買い替えた方が間違いないと思います。

椅子は疲れないものであればいいと思います。
ヘッドフォンは夜間練習する時には必要かもしれません。
当たり前ですが調律の必要もないので一度買ってしまえば他にお金が掛かることもありません。


では、弾きましょう!

先ずは楽譜に出てくる指番号を覚えます。
これは世界共通です。ただ楽譜に指番号が書かれていても必ずそうしなければならない訳ではありません。

指の長さや器用さは人によって違いますから自分が弾きやすい方法で構いません。

01

次は鍵盤と音名の関係を覚えましょう。
黒鍵は半音上がると#、半音下がると♭で表します。

Stacks Image 54068

ド、レ、ミ・・・の音名はイタリアの呼び方です。メロディを弾く時はこちらが一般的、ドレミの歌は馴染み深いですもんね。

次はアメリカ・イギリス表記を覚えましょう。これは後でコードを覚える時に役に立ちます。
ドイツ表記は「B」が「H」になります。コードを覚えるにはアメリカ・イギリス表記に親しんだ方が得です。
Stacks Image 54072

今の曲を弾くにはコードは不可欠です。
「弾き語り」や「バンド」でキーボードを弾く時にも大変役に立ちます。
もちろんソロ ピアノを弾く時もコードを知っておくと上達に差が出ます。

まず、ハ長調(Cメジャー)のコードを覚えます。
黒鍵を使いませんので覚えるのが楽です。

「 C のコード」は ド・ミ・ソ です。

ピアノの真ん中のド(C)の所に右手親指(1の指)を置いて、指一本毎に鍵盤一つを充てがうように自然に置きます。

1、3、5の指が”C”のコードになります。この指のカタチがとても重要です。覚えておいて下さい。

Chord C


「 F のコード」ファ・ラ・ド です。

今度はファ(F)の所に右手親指(1の指)を置いて、同じように指一本毎に鍵盤一つを当てがうように自然に置きます。

1、3、5の指が”F”のコードになります。先ほどの”C”のコードと指のカタチは同じです。

Chord F



「 G のコード」ソ・シ・レ です。

ソ(G)の所に右手親指(1の指)を置いて、同じように指一本毎に鍵盤一つを当てがうように自然に置きます。

1、3、5の指が”G”のコードになります。これも先ほどの”C”のコードと指のカタチは同じです。

Chord G


ちなみに、楽譜で表される”ド”とピアノの鍵盤の位置関係ですが、それほど気にすることはありません真ん中当たりがきれいに響きます。


Position C


今はまだコード(和音)が弾けなくても気にしないで下さい、次の項で説明します。