きっと役立つ音楽レシピ①

Basic Chords(中級編)

ディミニッシュとハーフディミニッシュ


コードを学んでいく中でよく混同されがちなコードがディミニッシュハーフディミニッシュです。
生徒さんからの質問が一番多いコードです。しっかりと理解しましょう。

まず、
ディミニッシュコードのおさらいです。

Pasted Graphic

このようにコードトーンが全てマイナー3rd(短3度)のインターバルになる和音です。

メジャーダイアトニックハーモニーの7番目のコードです。

CmajoDiatonic

ここまではディミニッシュハーフディミニッシュも同じです。
ですが4和音(7thコード)にした時に違いが出ます。
Pasted Graphic 2

ディミニッシュ7thコードは7thのノートがダブル♭になりますから実質 A です。
(コードトーン全てがマイナー3rd(短3度)のインターバル)
ハーフディミニッシュは7thのノートがマイナー7thですので B♭です。

コードトーンの違いが分かりましたね。
それでは
ディミニッシュ7thコードから機能(使い方)を見ていきましょう。
ちなみに
ディミニッシュ7thメジャー、マイナーのダイアトニックハーモニーにはないコードです。

ディミニッシュ7thコードはトライトーン(三全音)を二つ持っています。

dim3


ということは
ドミナントセブンスの機能を持ちます。
それを利用して
セカンダリードミナントの様に経過和音的に使います。


経過和音ディミニッシュ

C#dim7 のコードトーンは A7b9 と一緒です。ここでの C#dim7 は A7b9 on C# 言い換えることもできる訳です。
D#dim7 のコードトーンは B7b9 と一緒、G#dim7 のコードトーンは D7b9 と一緒です。

つまり V7b9 みたいな複雑な
テンションコードを覚えなくてもディミニッシュ7thコードで同じ様なジャズっぽいサウンドが得られる訳です!

最後に応用レシピです。「ホワイトクリスマス」
ホワイトクリスマス

参考動画

次回は(続)ディミニッシュコードの使い方をやります。