モーツアルトのオバケ



大好きなコミック「ピアノの森」にこんなエピソードがあります。

ピアノコンクールに出ることになった主人公のカイ君(小学生)。
課題曲はモーツアルトのK280です。
自分の番が来てピアノに向かうと、そこにはモーツアルトのオバケたちが待ち受けていました。
「さぁ君はどんなモーツアルトを聴かせてくれるんだ?つまんない演奏なら楽譜を返してもらうよ。」

カイは意地悪なモーツアルトのオバケを黙らせような懸命に弾き始めます。
すると観客はざわめき出しました。その演奏はカイのピアノの先生(世界的著名ピアニストだった)を彷彿させる素晴らしいものだったのです。しかし、何故かモーツアルトのオバケたちは不機嫌そうです。

すると、突然カイは演奏を止めました!
観客も「このまま弾いて入ればコンクール優勝は間違いなしだったのに」と驚くばかりです。

カイはネクタイを解き放ち、靴を脱ぎ飛ばし「やめた、こんなの自分じゃない。オレのモーツアルトを弾いてやる!」とアタマから弾き始めます。それは貧乏だったカイが森に捨てられたピアノで遊びながら身に付けた独自のスタイルです。

観客はすぐに魅了され、興奮し、弾き終わると総立ちでスタンディングオベーションを送りました。
モーツアルトのオバケたちは笑顔で消えていきます。

しかし、カイはコンクールの上位には入れませんでした。テンポや強弱など楽譜を無視した演奏だったため「あれを評価したら他の子に示しがつかない。」という理由でした。

先生はカイを世界に連れ出すことを決心します。

僕はこのエピソードが大好きです!
あなたはどう思います?

中村 浩

Comments