何よりも大事なことは「良い楽譜を弾く」ということです

たくさんの先人の知恵が詰まった楽譜、これに勝る物はありません。
安易なコピー譜は上達を妨げます。
何よりも大事なことは「良い楽譜を弾く」ということです。ジャズのセオリーに忠実な楽譜がとても大事です。

ジャズの中でも特にピアノプレイヤーはその事にこだわるべきです。ボイシングは手に馴染ませて覚えるのが一番です。
例えシンプルなコードでもボイシングが良ければ(セオリー通りなら)素晴らしいジャズのエッセンスが出ます。
最初に間違って覚えてしまうと治すのにとても苦労しなければなりません。

ピアノのボイシング(コンピング)はそれこそ星の数ほどありますが、
まずはベーシックなものをマスターして、それから自分なりのボイシングにするのが絶対近道です。

たくさんの先人の知恵が詰まった楽譜、これに勝る物はありません。
安易なコピー譜は上達を妨げます。

blog comments powered by Disqus