ジャズとクラシックは対極なの?

「クラシック」はコンサバティブで「ジャズ」は創造的?
「固定」対「自由」、「不変」対「即興」などなど「ジャズ」と「クラシック」はいつも敵対する何かのように扱いがちです。

でも本当にそうでしょうか?

「クラシック」はコンサバティブで「ジャズ」は創造的?

確かに「ジャズ」には「クラシック」より自由が許されています。
細部のフレーズまで楽譜に書かれていることはほとんどありません。
でも、それを持って「直感的」「創造的」と捉えるのは少し気が早いのでは?と思います。
何故なら、ジャズのインプロビゼーション(即興演奏)はフリージャズでも無い限りそれほど自由に好き勝手に演ってよいわけではないからです。
ジャズに於ける創造性は実は知識のプールの中からしか生まれません。自分の知らないスケールやフレーズは弾けないんです。(たまにデタラメ弾いたらまぐれで素敵なフレーズが弾ける事もありますが

ジャズを学ぶスクールに行くと分かりますが、そこでは多くの生徒が今までのジャズの巨匠達の曲や演奏をほとんど丸コピーのように演奏し、学習、練習をしています。クラシックのスクールと何が違うのでしょうか?。僕にはクラシックと対極にある音楽とは思えません。本質的な違いなどないんです。

ギター奏者のアーサー・ラムズの言葉は示唆的です。

今でこそ、即興演奏は私にとって直感的な行動になっていますが、それを直感的にするために長年の演奏で得てきたすべてのリソースをかき集めているのです。学校で習った音楽の知識、私なりの音楽の歴史的理解、そして、演奏する楽器の技術的な理解の全てをです。

名言です。

「ジャズ」と「クラシック」の差は、
それが楽譜に書かれているか、あたまの中で書かれているかの違いしかないのではと思ったりします。

ちょっと強引ですけど(苦笑)
blog comments powered by Disqus