DTM デスクトップ・ミュージック

Stacks Image 51107
ピアノ画像3
DTM(音楽制作)で必要となるもの
  1. PC(パソコン)
  2. DAWソフト
  3. スピーカー・ヘッドフォン
  4. MIDIキーボード
  5. MIDIインターフェース・オーディオインターフェース
  6. マイク
  7. プラグインソフト音源
  8. ミキシング・マスタリングプラグイン

 (注)7と8はオプションです。


PC(パソコン)
pastedGraphicpastedGraphic

DAWを使った作曲(音楽制作)ということで
パソコンは必須です。iPadやスマホでも可能ですが、作業領域の面でお勧めしません。


ノートかデスクトップか
どちらでもOK

pastedGraphic

pastedGraphic


DAWソフト

次に必要となるのが音楽制作をするためのソフトです。
pastedGraphic
これらは総称として「Digital Audio Workstation(DAW、ダウ)ソフト」と呼ばれています。
DAWソフトにはさまざまなメーカーのモデルが発売されており、どれを選べばいいかというのも初心者の方にとって悩みどころのひとつです。
以下に挙げたDAWソフトはそれらの中でもユーザーが多く有名なものです。

  • Logic
  • Cubase
  • Pro Tools

DAWソフトにはいくつもの種類があるので、用途に合ったものを選択して下さい。
初心者はWindowsであれば「Cubase」、Macなら「Logic」を選択しておけば安心です。

当教室ではLogic Pro X でレッスンしています。

スピーカー・ヘッドフォン

pastedGraphicpastedGraphic
pastedGraphic


音楽制作は実際に音を聴きながら確認していくことが作業の大半を占めます。
鳴っている音を正確に把握する機材が必要となります。
音を出せる環境ではスピーカーの導入をお勧めします、
音楽制作専用のものを選ぶと良いでしょう。
音楽がいろいろな機器で再生されることを考えると、制作の段階ではフラットな特性のモニターが必要だからです。
pastedGraphic自宅での音楽制作において、スピーカーを使わずにヘッドフォンのみを使用して音楽制作をしている人も多く存在しています。その場合もオーディオ用のヘッドフォンではなく、音楽制作用のヘッドフォンをお勧めします。


USB(MIDI)キーボード
pastedGraphicpastedGraphic
USBやMIDIでPCに接続することでDAWの音源を鳴らすことができます。
USBキーボードを弾きながら音を入力していくやり方が一般的となっています。
MIDIキーボードも使用できますが、MIDIインターフェイスが必要になりますので気をつけて下さい。
キーボードはデータ入力用であるため音源を持っておらず、単体では音は出ないものが一般的ですから覚えておいて下さい。
また、電子ピアノやシンセサイザーをお持ちの方はMIDIキーボードとして使用することができる場合があります。

MIDIインターフェース

pastedGraphic

「MIDIキーボード」を接続する際に使用されるのが
「MIDIインターフェース」です。

最近では多くのMIDIキーボードはUSBケーブルなどでPCと直接接続することができます。USBの端子がない場合にはキーボードの入力をPC接続のために変換する必要があり、その仲介役としてMIDIインターフェースが必要になります。

オーディオインターフェース
pastedGraphicpastedGraphic

「オーディオインターフェース」は音の入り口となる機材で、
この機材に楽器やマイクを接続してPCにその音をレコーディングしていきます
オーディオインターフェースはUSBケーブルによってPCに接続され、そこにエレキギターのケーブルやマイクケーブルをつなぎレコーディングすることで、ギターやボーカルの音がDAW上に音声データとして記録されていく仕組みとなっています。
価格と品質は比例しますが、それほど神経質になる必要はないと思います。

マイク
pastedGraphicpastedGraphic

「オーディオインターフェース」でボーカルをレコーディングする場合にはマイクが必要になります。

マイクは一般的に
「ダイナミックマイク」「コンデンサーマイク」に分けられます。
それぞれに特性がありますが、ボーカル録音には一般的にコンデンサーマイクが使用されます。
コンデンサマイクはダイナミックマイクに比べると取り扱いに注意が必要となりますが、
クリアなサウンドでレコーディングできるところが魅力です。
ダイナミックマイクは耐久性が高くロックな音が録れるので愛用している人も多いです。
マイクも数千円から数万円まで幅広い価格のものがありますが、高価なマイクは取り扱いが難しく、自宅録音にはお勧めしません。

プラグインソフト音源
pastedGraphicpastedGraphicpastedGraphic

DAWでの音楽制作に欠かせないのが
「ソフト音源」です。

管楽器や弦楽器、アコースティックピアノやウッドベースなどのリアルな音を表現する場合にもこれらを使用する人は多いです。
EDM(Electronic Dance Music)などで使用されるシンセサイザーの音などはソフト音源ならではのサウンドであるといえるでしょう。
これらの音源は
「プラグイン」という方法で、使用しているDAWソフトに組み込む形で活用されます。
DAWソフト内にもあらかじめいくつかの音源が用意されており、それらを使用してもクォリティの高い音楽を作ることが出来ます。
既存の音源では満足できなくなった時に
プラグインとしてソフト音源を増設します

ミキシング・マスタリングプラグイン
pastedGraphicpastedGraphic


ミキシングおよびマスタリングに使用するためのプラグインソフト
です。

楽曲の出来映えに多くの影響を与えるのが
「ミキシング」の作業で、レコーディングした音の音量や音質を整え、聴きやすいように作り込んでいきます。
その際に活用するのが
「ミキシングエフェクト」と呼ばれる機能で、レコーディングした音にエフェクトを加えながら調整します。
ソフト音源と同様にミキシングエフェクトもDAWソフト内にあらかじめ用意されていることがほとんどですが、より高品質で使いやすいものを求めてプラグインとしてそれらを入手することが検討できます。
ミキシング後にある
「マスタリング」も大事な工程でしたが、DTMでは「マスタリング」「ミキシング」を同時に進めるのが主流です。
何故なら、音楽の流通がCDから配信になり、アルバム内での楽曲の統一性の必要があまり重視されなくなったからです。

揃える際の費用目安
ここまでにご紹介した機材を、コスパで選択すると以下のようになります。

 必須
  • PC(パソコン)⇒10万円位~
  • DAWソフト⇒1万円位~
  • スピーカー・ヘッドフォン⇒1~5万円位~
  • MIDIキーボード⇒8,000円位~
  • MIDIインターフェース・オーディオインターフェース⇒1万円位~
  • マイク⇒1万円位~

 オプション
  • プラグインソフト音源
  • ミキシング・マスタリングプラグイン


DTM経験者や講師などの意見を聴きながら選ぶのがベストだと思います。

Stacks Image 51089
DTMで作曲をやってみたいという方、新潟市 中央区 中村音楽工房ピアノ教室で作曲、DTMのプライベートレッスンをやっています。気軽にお問い合わせください。