「コードで曲を弾く」の本当の意味

Stacks Image 26659
「コードで曲を弾く」の本当の意味

コード譜を見ながらサラっとソロピアノを弾きたい!コードを自由に変えてアレンジしたい!
という人は多いと思います。
でも、コードは少し勉強したんだけど全然弾ける気がしない!という人も多いのではないでしょうか。

そこで、必須になるテクニックが「耳コピ」「音感」です。これがとても大事です。
「それが出来れば苦労しないわよ!」
というあなた、間違ってます。ある程度音楽をやられた(ピアノを弾いていた)方なら誰でも出来ます。
特に「耳コピ」は、教室に来た生徒さん全部が直ぐに出来ました。やり方、鍛え方を知らないだけです。

コードを独学する難しさ

「コード理論の本」
とか「コードで弾く大人ピアノ」みたいな教則本を試した方多いと思います。
ですが、コードが自由に扱えるようになった人は稀だと思います。

何故なら、それが楽譜だからです!ピアノ譜表で和音やアルペジオが書かれた楽譜を見てもコード奏法は身に付きません。
あなたは譜面に書かれた和音を弾けるになっただけなのです。自分の「音感」コードや伴奏を付けた訳ではないのです。

また「コード理論」の本、はコードを身に付けた人がまとめをした物に過ぎません。習い始めの人が全部理解出来るはずがありません。
もっと言えば
「コード理論」「後付け理論」です。先に音楽が、楽曲があるのです。

コード奏法を習得する為には、一つ一つ身に付けるべき事(理論)を具体例(曲)を通してゆっくりと学んで行くのが最短の道です。

一人であーだこーだと悩んでいるうちに結局身に付かずに投げ出してしまう人のなんと多いことか(チコちゃん風)

次回は実践的練習法公開します!

Stacks Image 51089
コード ワークを知りたい方、新潟市 中央区 中村音楽工房ピアノ教室でプライベートレッスンをやっています。気軽にお問い合わせください。