アドリブを始めよう!

Stacks Image 1752
🔷思うままに Improvisation!

ジャズピアノの醍醐味はジャジーなアドリブ。それもソロピアノで自由に弾けたら楽しいですよね。

上手なプレイヤーが思うままにアドリブをバリバリ弾いているのを見ると「この人はきっと特別な才能を持っている人なんだわ」と思ってしまいますよね。
瞬時にあんなにカッコいいフレーズが次々に湧いてくるなんて、「絶対わたしにはムリ」と諦めていませんか?

実はジャズのフレーズには定番がいくつかあって、それを一つ一つモノにしていくと誰にでもアドリブが弾けるようになるんです。
特にスムーズでノリのいいビバップ系のアドリブはルールと定型フレーズを覚えるだけで、意外と楽に弾けます。
アドリブと言っても本当は自分の引き出しから出て来るフレーズを繋いでいるんです。

では、どうやって覚えたらいいの?

アドリブを「書き譜」で練習すればいいんです!まずは先人の残してくれた素晴らしいフレーズの数々をコピーしちゃえばいいんです。そして楽譜を見なくても弾けるようになるまで反復練習します。フレーズは長くても2小節くらいですから頑張れば覚えられます。この定型フレーズのことを「Lick」と呼んだりします。

では、例をあげます。ゆっくり弾いていますのでよく聴いてください。
Stacks Image 1755
「どっかで聴いた事ある」って感じでしょ(笑)まさに王道のフレーズ達です。アドリブのフレーズだけでコード感も出ていますよね。
左手の和音は「合いの手」みたいなものなので譜面にこだわる必要はありません。最初はコードが変わる2拍ずつでOKです。(実は左手にも定型パターンがあります)

でも、CメジャーのキーなんだからCメジャースケールのはずなのに臨時記号が出てきますね。実はそこに秘密があります。ジャズの基本であるツー ファイブ ワンのコード進行のスケールは結構ワンパターンで、ドミナント モーションに入るテンションノートが肝になります。
ペンタトニック、アルペジオパターン等も大事です、王道フレーズにはちゃんと理由があります。
そして、その王道フレーズに加える味付けにもルールがあります。それが分かれば後は自分の自由なアドリブを作ることが出来ます。

最初はゆっくり弾いて確実に覚えていきます。このコード進行が出てきたら(色んな曲でいっぱい出てきます)自然と指が動いてしまうようになればあなたもアドリブプレイヤーの仲間入りです。

次回は一つ一つのフレーズについて細かく説明します。フレーズを覚えて行く時に理屈を知っているといないでは大きな差が出ます。

こう、ご期待!

ビバップ系のアドリブの参考例として「C JAM BLUES」の演奏と楽譜がこちらで見れます。

ピアノ:中村 浩